勉強の方法について part 2

e0207439_1350031.jpg


去年の11月初旬の河口湖の紅葉。
理由は良くしらないのだけれど、他の地域みたいに一斉に赤くならずに結構まばらに赤くなる感じ。
昨日見てきたら道路沿い紅葉は赤くなっていたよ。紅葉祭りの会場は殆ど変化なし。
実習終わって帰ってきたら、ちょうど11月頭なので気分転換に撮影にでも行きませんか??



ところで、勉強方法の続きですが、今日は週レベルでの計画の立て方のお話をしたいと思います。
先日、計画を立てて勉強することを提案なんだけど、1日中勉強することは不可能だから
休み時間を盛り込んだ現実的な計画を立てなければならないと話しましたが、
上記の方法で計画を立てると勉強がなかなか進まない事に気がつくのでした。
そして、その焦りが下の図のような勉強計画を立てる事につながるのです。

e0207439_1405094.jpg


e0207439_1411429.jpg



この勉強計画の問題点は復習のための時間が全く確保されていない事です。
勉強を少しでも先に進めようと焦る気持ちは理解できますし、定期試験のような狭い範囲を
問う試験に挑む際にはこのようは方法で一定の成功を収める事も可能でしょう。
しかし、国家試験等のような広い範囲を扱う試験は勉強する事が多いので
このような一夜漬け型の勉強方法では一つ覚えると一つ忘れるような状態になります

e0207439_1413983.jpg



望ましいのは、1週間の内3回くらいは同じ勉強を行う復習重視型の勉強です。
1回目に勉強をしたら、その日の終わりに2回目の勉強(復習1回目)、1週間の最後に
もう一度復習(復習2回目)といった具合です。また、予定は狂う事の方が多いので
日曜日などは予定調節用にあけておくのがおすすめです。
予定通りなら、次の週の予定を前倒しにすれば良いですし、予定が遅れているのなら
日曜日で取り返せば良いのです。
先日の記事に続いてさらに勉強の進行が遅くなるような提案ですが、
気の向くまま、感情的に勉強し、覚えては忘れするよりも確実に穴をつぶしていく
この方法の方が遥かに効率的と言えます。

勉強について語るのに飽きたので(もともと勉強嫌いだし)、
しばらくたったら続きを書きます。

勉強の方法について part 1
[PR]
by interneuron | 2010-10-17 14:02 | 勉強について


<< 今日は論文がはかどった一日 勉強の方法について part 1 >>