勉強の方法について part 1

e0207439_1814555.jpg


標高の高い場所にある樹木が色づいてきた今日この頃、中間テストを行う授業があるせいか、

ゼミ生に「どうやって勉強したら良いですか?」と、聞かれることが多いです。

1浪して大学に入った私の意見を参考にするべきか甚だ疑問ですが、

自分なりの考えを述べます。
私(1浪)の経験では勉強のポイントは2つに集約できると思います。


1.効率
2.有効性

両項目は複雑に絡み合っていて効率を上げるのはこの方法で、有効性を向上させるのは
この方法と分類して話す事はできないのですが、私が実践している勉強の効率と有効性を
向上させる方法を紹介したいと思います。
*ちなみに効果を保証する物ではありません、あしからず。




e0207439_1815097.jpg


単純な話ですが、計画を立てましょう。

ただ、計画を立てても大抵の場合には計画倒れになります。

計画倒れになるのには明確な理由があることが多くて、

その理由の最たるものは現実とかけ離れた無理な計画にあります。

e0207439_18161827.jpg


例えば、1日の時間を区切って勉強計画を立てると
多くの方がめいいっぱい計画を詰め込みます。
そして、「1日にこれだけやったら凄いぞ俺(*゚∀゚)=3 」と、鼻息荒く勉強を始めますが、
人間、そんなに連続して勉強できる訳はなく、
初日から計画が破綻、計画は無かったことになるのです。

では勉強のための良い計画の立て方とはどんな方法でしょう。
私は休憩時間や何もしない時間も盛り込んだ”現実的な”計画を立て
実行することが良い計画であると考えています。

そして、現実的な計画を立てると自分の意気込みとは裏腹に
一日に勉強可能な量は以外に少ないことが判明し、
一気に焦り始めることに・・・・・。

そうなのです、よほど特殊な方を除いて1日に勉強できる量は
せいぜい2-3項目程なのです。

次回に続く。
[PR]
by interneuron | 2010-10-14 18:16 | 勉強について


<< 勉強の方法について part 2 忘れ物のクッキー >>